ワーク書類や表方式ソフトについて

ワーク席などについて勉学しました。交差するわくの一つひとつをセルとよびます。また、セルが太線で囲まれているわくをセルポインタとよび文・集計などを入力できるスポットを示しています。なお、こういう大きなデータ紙全身はワーク席と済む、そのワーク席いくつをまとめてブックとよぶこともあります。セルポインタの現すセルを活発セルまたはカレントセルといいます。ディスプレイには+のコードが表示されていて、これをマウスポインタといいます。セルポインタは、マウスのボタンをプッシュするかカーソルドライブキーによって、前面の中頃を自由に移動することができます。各セルは、列ナンバーと行ナンバーのファッションでそのスポットがあらわされ、これをセル番地といいます。スクロールバーやセルポインタのドライブで、ディスプレイ(前面)の発表科目が変位表現に遠ざかることをディスプレイのスクロールといいます。表企てソフトでは、入力する統計の先頭が英字、カタカナ、ひらがな、漢字の文であれば文(文列)として加工されます。知らないこともあったので復習したいなと思いました。お金借りるならどこ