全世界で広がる社会のCO2削減方法と身近な対策

CO2二酸化炭素の削減は全世界の課題です。
先進国と途上国で見解が異なることもありますが、削減しなければならないことは一致した見解だと思います。
身近な所では、林業で支えられてきた自治体で、間伐材や不要な木を細かく裁断し、それを燃料に発電を行っています。
CO2を出しているではないかと思われるかもしれませんが、CO2除去技術もアップしています。

また、ここで発生するCO2は木が吸収済みのCO2であり、新たに発生したCO2ではありません。
また、間伐や木材取得のために伐採した後に植林し、管理することと、間伐材等の活用発電所による買取りや燃料化により、林業の好循環も生まれます。
他にも、知りませんでしたが、J—クレジット制度と言う制度があります。
様々な努力で削減したCO2量を国が認証し、クレジットとしてCO2削減を行った法人等に渡すと言うことです。

そのクレジットは、CO2削減を目指す法人等とクレジット取得の法人等の間で取引きされて、社会全体で低炭素を目指すことに使われます。
自分の身近な所でもCO2削減努力が行われていることを知りました。
私も自宅の照明器具をチェックすることから行います。都度払い 脱毛